歯医者専用の道具

由来や経歴

入れ歯のはじまりとは

紀元前3000年〜2500年頃の古代エジプトの人骨から義歯のようなものが発見されており、現時点ではそれが最古の入れ歯と認識されています。ただ、厳密にそれが義歯として使用されていたものか、装飾品としてはめ込まれたものかは分かっていません。それを踏まえると、明確に義歯であると認められたものは古代ローマやギリシャだとされています。 実は日本においては、ヨーロッパよりも古いものが残っています。ここで確認できたのは16世紀につげで作られた木製の総入れ歯で、18世紀にヨーロッパで作られた総入れ歯よりも発達した義歯でした。 そして19世紀以降に欧米の医療によりゴム製のものが誕生し、それがアクリル系樹脂に変わり、さらにプラスチックやチタン合金などに変わっていきます。

入れ歯は人気の治療です

入れ歯には、全ての歯を補綴する「総入れ歯」と一部の歯を補綴する「部分入れ歯」があります。 入れ歯というとお年寄りがつけるものというイメージがありますが、怪我や病気で失った一部の歯を補強するためや他の治療を行う前の補助として若者でも利用者は少なくありません。そのため割合的には、総入れ歯よりも部分入れ歯の利用者の方が多いでしょう。 部分入れ歯とは、健康な歯にバネをかけて人工歯で歯の隙間を埋める方法ですが、最近では技術も向上し、気づかれない部分入れ歯も増えてきていることから若者も抵抗なく利用できるようになっています。また、保険を使った治療ができるということで、今後も失った歯の補綴に入れ歯が利用されていくでしょう。

Copyright© 2015 治療だけだじゃない歯科で出来る意外な施術~見た目にもこだわりを~ All Rights Reserved.